Funeral Ceremony

大人数で葬儀を開く場合|隣人の許可を得る

数珠の基本的なマナー

気を付けたいマナーを確認

数珠

北河内エリアで執り行われる葬儀には、一般葬が多い傾向にあります。
大東市をはじめとする大阪市の東側エリアでは、仏教徒の方が多いようです。
このような背景がある事から、大東市でも葬儀といえば仏式の一般葬が主流となっています。
あまりお葬式に参列した事が無いという方でも、仏式の葬儀マナーは多くの方がご存じでしょう。
黒い喪服を着用する、数珠を持参するなどは仏式の葬儀における、基本的なマナーです。
ただ、数珠の細かい部分のマナーは、大東市にお住まいの若い方だと、あまり知られていないようです。
数珠には各宗派によって、違いがある事をご存じでしょうか。
お葬式には自分が信仰している宗教に則った、数珠を持参するのがマナーです。
信仰する宗派が無い、宗教へのこだわりが無いという方は、略式の数珠を選びます。
略式の数珠は20個から40個程度の玉が、連なって作られている数珠です。
大東市内だと仏具店だけでなく、一般的なスーパーや100円ショップにも略式の数珠は販売されています。
カラーや大きさも豊富なので、略式の数珠が1つあると便利です。
数珠で気を付けたいのが、パワーストーンのものは使用しないという事です。
パワーストーンのブレスレットは数珠に似ている事から、お葬式にあまり参列した経験が無い方は、数珠の代わりに選んでしまうケースもあります。
しかし、パワーストーンのものは数珠のように見えても、あくまでブレスレットです。
数珠ではないのでパワーストーンで、代用しないように注意しましょう。

身だしなみのマナー

フラワー

女性が葬儀に参列する際、特に気になるのが見出しなみのマナーです。
いつもしているメイクで参列してしまうと、かなり浮いてしまう事になるので注意しましょう。
例えば、眉1つとっても葬儀にふさわしい、メイク方法があります。
葬儀の際のメイクはナチュラルメイクが基本です。
ベースメイク・眉・リップメイクのみを行うのが、葬儀の際のマナーと言われています。
大東市のある大阪府では、若い女性の間で太眉や困り眉が流行しているようです。
このような眉のメイクで葬儀に参列するのは、マナー違反になりえるので避けた方が良いでしょう。
大東市のみならず人気の太眉や困り眉は、カジュアルな印象を与えてしまいます。
眉は顔の額縁とも言われているように、意外と顔の印象を左右するパーツです。
いつも通りの眉メイクをすると、元気過ぎる印象やカジュアルな印象となり、葬儀の場にはふさわしくありません。
女性らしい自然なアーチ眉にするのが、メイクのコツです。
濃すぎる眉毛もマナー違反となるので、グレーやブラウンのパウダーアイブロウを使いましょう。
ペンシルアイブロウだと眉の印象が強まり、やはり葬儀の場にはふさわしくないと考えられています。
女性の場合、黒のストッキングを着用するのもマナーです。
同じ黒でもタイツの着用は、マナー違反となります。
お葬式用のストッキングは、20デニール程度が主流となっていますが、タイツだと30デニール以上の厚さがあるようです。
大東市は冬場も比較的、寒さは厳しくないので20デニール程度のストッキングを着用するようにしましょう。
もし持っていないという場合、大東市のコンビニやスーパー、衣料量販店であればお葬式用のストッキングは販売されているので、すぐに購入出来ます。

親しい間柄ならお手伝いを

葬儀会場

突然の訃報が届くと、連絡を受けたこちらがパニックになってしまい、大東市にいるご遺族への配慮に欠けた態度をとってしまうことがあります。
そうならないように、突然の訃報の連絡が届いても慌てることなく、大東市にいるご遺族の気持ちを第一に考えた行動をとるようにしましょう。
人の死は、いつどこで訪れるかわからないものです。
が、しかし深夜に訃報が届いたからと言って、深夜に駆けつけるのはやめておきましょう。
親族ならかまわないのでしょうが、親しい間柄だけの友人や同僚なら遠慮したほうが無難です。
また、訃報を聞くと一刻も早く大東市にいるご遺族にお悔やみの言葉をかけたいという気持ちはわかりますが、これはマナーとしては非礼にあたります。
お悔やみの言葉を大東市にいるご遺族に伝えたいときは、葬儀に出席できないときは弔電を打ち、葬儀に出席できる場合は参列した際に直接伝えるようにします。
葬儀の前は、意外と忙しく大東市にいるご遺族は悲しむことよりも葬儀の準備に追われるケースがほとんどです。
そして、葬儀前のご遺族の方々はとても疲れてもいるものです。
そこへ、葬儀前とは言え、大東市の喪家に長居してご遺族と話し込むのはやめておきましょう。
親族もしくはご近所の人や親しい間柄だった場合は、ひと言手伝えることはないかとご遺族に聞いてみましょう。
葬儀前は何かと忙しいので、人手はいくらあってもありがたいものです。
故人との対面ですが、ご遺族から進められたときのみ、お受けするようにします。
自分の方から故人に対面したいとは言わないようにしましょう。
もしどうぞと進められたときは、喜んで対面させていただき、故人の冥福とご遺族へのお悔やみの言葉をのべましょう。

数珠の基本的なマナー

数珠

大東市の葬儀に参列するという場合、自分の宗派にあった数珠を持参するのがマナーです。信仰している宗派が無い場合、略式の数珠を選びましょう。数珠と似ていますがパワーストーンを、数珠の代用とするのはマナー違反です。

もっと読む

業者選びの方法

数珠

葬儀にはいろいろな種類があります。大東市には葬儀をトータルコーディネートしてくれるような専門的な業者もありますので、業者選ぶに難航した場合はそういった仲介業者に相談してみるのも一つの手段だと思っておくと良いでしょう。

もっと読む

気持ちを伝える

ロウソク

大東市や周辺にも斎場は多数あり、葬儀が行われています。葬儀を行う時に、故人のために参列してくれた方々に対して喪主からの挨拶が必要になります。喪主の挨拶はどのような事を話すのかをしっかり把握しておくようにしましょう。

もっと読む