Funeral Ceremony

大人数で葬儀を開く場合|隣人の許可を得る

気持ちを伝える

大切な時のために

ロウソク

大東市や大東市周辺地域には葬式を行う事ができる斎場が多数あります。
葬儀では故人に代わり、喪主が参列者へのお礼やメッセージを伝えなくてはなりません。
生前お世話になった方や、親しかった方への言葉を考えて挨拶する事になります。
挨拶をする場面は葬儀の中で数回あります。
しかし、現在では通夜の挨拶は葬儀の会社やエンディングプランナーと呼ばれる葬儀のお世話役が挨拶する事が多くなっています。
喪主は、葬儀の受付時や精進落としの席で挨拶をする事になります。
喪主が挨拶をする場面として最も多いのが、出棺時の挨拶です。
この時に、葬儀の参加者への会葬についてのお礼や亡くなった故人とのこれまでのお付き合いのお礼、そして今後についての挨拶です。
具体的には、出棺時に葬儀に参加してくれた事のお礼を述べ、お見送りのお礼や今後の挨拶をします。
また、大東市にある火葬場での挨拶では食事やお茶菓子などで僧侶や参列者をもてなします。
献杯は喪主や遺族以外が行います。
献杯をしてくれる方を参列者の中からあらかじめ探して、葬儀の前にお願いする事になります。
最後に散会のあいさつが必要になります。
散会の挨拶をする事で参列者が帰るタイミングを知る事ができるので重要です。
具体的には、散会の挨拶は参列者への葬儀や火葬への参加のお礼、会葬が散会する事を告げます。
喪主の挨拶の中には、大東市の病気での闘病が長かった場合は生前のお礼とともに闘病中のお礼をする事もあります。
大往生の場合は安らかな死であった事を伝えたり、故人の思い出などを話します。
故人に代わり、感謝の気持ちを伝える事が一番重要です。
忌み言葉は避けます。
また、急死という言葉は突然の事という表現に言い換えるなど、マナーを守るように気をつけます。

四十九日の準備

式場

葬儀・火葬を終わらせてひと段落・・と思いたい所ですが、葬儀の後もご遺族の方は色々とやるべき事が残っています。
その中の1つに挙げられるのが、四十九日の準備です。
仏教では人は無くなると49日をかけて仏様のところに向かうと考えられています。
ですので葬儀後、四十九日にお坊さんを招いて法要を行うのが一般的です。
四十九日の法要は必要なのと、疑問を感じる方もいるかもしれません。
実は仏教において四十九日の法要は、とても大きな意味を持っています。
亡くなってから49日目に、極楽浄土に行けるかどうか閻魔大王の裁きを受けると考えられているのです。
故人が極楽浄土へと行けるよう、行うのが四十九日の法要となります。
四十九日法要の準備は、法要を執り行う場所や日時、僧侶の手配、案内状の手配を葬儀後、できるだけ早く取りかかるのが理想です。
四十九日法要の2週間前には、木位牌や仏壇の用意に料理や引き出物の手配を行うようにしましょう。
大阪府の中でも歴史が古い大東市では、昔ながらのしきたりを守る方が多いようです。
四十九日などの法事・法要も大切にしている方が多い大東市では、盛大に執り行われるケースも少なくありません。
大東市には葬儀だけでなく、法事や法要も執り行える葬儀場もあるのをご存じでしょうか。
お葬式の相談だけでなく、四十九日など法事や法要の相談も同じ葬儀社で行えるので便利です。
お葬式後の事も考えた場合、大東市では法要や法事も執り行える葬儀場を選んだ方が良いでしょう。

安さと高品質が特徴です

婦人

どうしても急な対応になることが多くなってしまう葬儀ですが、そのサービス内容を把握しておくことが大切です。
サービス内容としてまず挙げられるのが、専門スタッフによる葬式の運営です。
大東市では種々の儀式を執り行う葬式が経験と知識の豊富なスタッフにより円滑に滞りなく実施されますので、安心して任せられます。
また事前相談も近年人気のあるサービスです。
故人が亡くなってからでは時間的な制約により十分に葬儀会社と打合せを行うことが出来ず、結果として満足のいく葬式が出来なかったというケースも少なからずあります。
こうした事態を回避するため大東市の多くの葬儀会社では事前相談を設け、遺族が納得できる葬式を提供しています。
さらに葬式終了後のフォロー体制も注目されています。
葬式が執り行われたらそれで終わりではなく、挨拶回りや香典返しなど終了後においても遺族がしなければならない作業のサポートも行います。
料金については一般的な傾向としては、友人など多くの人が参列する一般葬が概ね100万円程度、家族や親類だけで行う家族葬で概ね50万円程度となっています。
これらの点を把握しておくと、大東市での業者依頼の際に慌てることなく行動できるでしょう。
そして実際に葬儀を行なう際には、どの会場にするかを確認してみましょう。
大東市で葬儀を行なうのであれば、市内の会場が最も適しているでしょう。
つまり、対応エリアの把握というものが大切になってくるのです。

数珠の基本的なマナー

数珠

大東市の葬儀に参列するという場合、自分の宗派にあった数珠を持参するのがマナーです。信仰している宗派が無い場合、略式の数珠を選びましょう。数珠と似ていますがパワーストーンを、数珠の代用とするのはマナー違反です。

もっと読む

業者選びの方法

数珠

葬儀にはいろいろな種類があります。大東市には葬儀をトータルコーディネートしてくれるような専門的な業者もありますので、業者選ぶに難航した場合はそういった仲介業者に相談してみるのも一つの手段だと思っておくと良いでしょう。

もっと読む

気持ちを伝える

ロウソク

大東市や周辺にも斎場は多数あり、葬儀が行われています。葬儀を行う時に、故人のために参列してくれた方々に対して喪主からの挨拶が必要になります。喪主の挨拶はどのような事を話すのかをしっかり把握しておくようにしましょう。

もっと読む